高品質、短納期、低価格。サイン・大型グラフィック印刷・製作の専門会社です。

白塩ビの印刷、ラミネート、梱包まで

白塩ビの印刷、ラミネート、梱包まで

白塩ビに木目柄を印刷してラミネート加工、カット仕上げ、梱包までの作業工程をご紹介させて頂きます。今回は不燃、F☆☆☆☆(フォースター)仕様です。
いつもやってる内容ですが結構丁寧にやっている方だと思いますので是非見てください。。

印刷1
溶剤インクで印刷中。
今回は納期が充分にあるためヒーターと送風をあてながら時間をかけながらしっかり乾燥させながら12パスで印刷。
このあとまた乾燥室で一晩乾燥させます。

ラミ5
ラミネート加工中です。
ラミネートの機械で保護用のラミネートフィルムを印刷面の上に貼ります。印字面に傷が付きにくくするのと紫外線(UV)を遮断するためです。

ラミ1
余分な余白をカットして仕上げします。
なるべくまっすぐな定規を使って切りすぎないようにまた余白が残らないように丁寧に切ります。塩ビの印刷物はこのカット作業が必ず付きもので結構手間かかります。作業台が大きいのでまだ楽なのかも。

ラミ3
カットが終了。業者によってはカットはしないで原反のまま発送するところもあるようですが現場での貼り作業時のことを考えると手を抜けません。

梱包3
梱包です。
運送中にシートの端などが傷まないように万全の方法で梱包します。ほとんどの場合宅配便を使いますので、運送中に箱が立てたり寝かされたりひっくり返されても中でシートが動かないようにします。また、必ず貼り施工用の図面を同梱しています。

梱包5
完了。
ちょっと汚い箱ですが、明日にはお届けできます。


コメント


認証コード6284

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional