高品質、短納期、低価格。サイン・大型グラフィック印刷・製作の専門会社です。

梱包について

梱包について

巻物梱包インクジェットの印刷物を梱包する時の悩み事の話。
いんくじぇっとのメディアは塩ビ系、PET系、壁紙クロス系等いろいろありますが、ほとんどが現場で貼り施工して頂くものですので宅配便で発送することになります。運送中に印刷物が傷んでしまうトラブルが多いようですので梱包時の問題点をいくつかご紹介します。

1.シートの端は折れやすい。
現場でなるべく手間がかからないように余白の部分は全て梱包前にカットします。シートの周囲の弱い部分がむき出しの状態で梱包することになります。
上の写真のようにシートを丸めただけの状態で段ボール箱に入れて発送すると運送の途中で丸めたシートの両端がつぶれてしまいます。シートの周囲の切り口がつぶれてしまうと施工後にしわになったり、糊面にゴミが付着したりして剥がれの原因にもなってしまいます。

2.シートは重い。
1梱包で最大30㎡程になりますので結構な重さになります。重さが20kgになる時もあります。重たい重量をシートの弱い切り口で支えることになりますので大変ヤバイ状態です。箱の中でシートがずれ動かないようにきっちりと梱包する必要があります。

3.シートの表面は弱い。
塩ビシートの表面はとても柔らかいので印字面は非常にデリケートです。硬いもので長時間圧迫されるとその部分に型が残ってしまいます。運送中の取り扱い方によっては段ボール箱の外側からかかる力でも跡が付くことがあります。
シートの表面は2重3重に保護して梱包する必要があると思います。

4.離型紙とメディアが剥離しやすい。
貼り付け用のシートは離型紙とメディアとラミネートフィルムの3層構造になったものですので、小さく巻いてしまうと離型紙とメディアが剥離やすくなります。剥離するとトンネル状に”浮き”ができてしまいます。
宅配便の荷物の大きさの制限内でなるべく大きく巻いて梱包しなければいけないと思います。

いい加減な梱包が原因で運送中にシートがグチャグチャになったという話はよく耳にします。きれいに印刷されたものはきれいなままの状態で届けなければ価値がありません。納期の短い、急ぎの仕事が多い業界ですので梱包の大事さは見過ごされがちのような感じがします。

当社の梱包方法の詳細はここで公開いたしかねますが、梱包にはかなりの手間と費用をかけるようにしています。


コメント


認証コード7008

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional